会社員からの脱出💨

会社に依存する生活から脱出したい!!

自然災害に備えよう🌏

f:id:nnnagachan:20190601084240j:image

 

先日FPの講習を受けてきました⭐️

内容は、自然災害な備える保険です‼️皆さんは対策取ってますか?私は最低限なので色々勉強になりました💡

知ってると納得できることが多いと思いますので、少し紹介したいと思います💫

 

【①自然災害は保証なし ‼️】

自然災害に国の保証がないの知ってましたか?

災害・賠償リスクでは自己責任が原則だそうです💦

民法の特別法(失火責任法)では、自分に落ち度がなくても賠償を受けられない!というものがあります!

例)隣人の家が火事🧯私の家に延焼🔥保険使えません。

 

えっ嘘でしょって思いますよね💦本当なんです‼️だから、家計破綻レベルの経済的リスクには保険加入が必須なんです✨

 

地震から火災が怖いと考えてる人が多く、地震保険は高いから加入しないって人多いでよね😥

地震保険加入統計】https://www.giroj.or.jp/databank/earthquake.html

では、火災保険だけで準備万端でしょうか??

 

【②国の支援内容】

基本的には「自助・共助」が原則で、国は補完的役割を果たします💡

補完的役割とは、被災者を後押したり、事前に予防するために補助費を出してくれるって事です!

《被災前》

自助・共助

・リスクが低そうなところに住む

・耐震改修や補修してみる

・万が一に備えて保険に加入するなど

公助

ハザードマップを作る

・耐震改修などの補助金

地震保険制度などを制定するなど

 

《発災後》

自助・共助

義援金を募る

・保険を使うなど

公助

・見舞金

・住宅の応急修理

仮設住宅の供与など

☆住宅損失に関する支援

①災害救助法⇨応急修理

②被災者生活再建支援法⇨基礎支援金/加算支援金

③自然災害による債務整理に関するガイドライン⇨二重ローンなどが考えられる

(参考にしたサイトです)http://www.dgl.or.jp

 

⇨簡単に説明しますね🤔

①災害救助法

生活できるように国が応急処置をしてくれます!

つまり、怪我の手当て・寝具の供与・障害物の除去などです!※全て現物支給、、、

適用基準は、災害で市町村の人口に応じた一定数以上の住宅の滅失がある場合等(例  人口5,000人未満、住家全壊30世帯以上など)

※基準設けられるとハードル上がりますよね😱

(参考にしたサイトです)http://www.bousai.go.jp/taisaku/kyuujo/kyuujo_tekiyou.html

上記のサイトに適用されたケースが記載されています!

 

②災害救助法

生活再建支援が目的!つまり、援助です。

適用基準:10世帯以上の住宅全壊被害等

対象世帯:住宅全壊、著しい被害を受けた世帯

支給額:全壊100万、大規模半壊50万

加算支援金:建設や購入200万、補修100万/賃貸50万

自治体独自の支援もあります‼️

 

③自然災害による債務整理に関するガイドライン

ガイドラインでは、自己破産のデメリットを受けずに私的整理によって債務免除等を行う仕組み!しかし、法律の根拠かないため、銀行が債権放棄が必要。(メインバンクに相談し、手続きを依頼することが必要。)

 

【③まとめ】

ざっと読んでいただいて分かると思いますが、高いと言って保険に加入していないと、万が一の際に物凄い損失が発生します😱

 

ファイナンシャルプランナーさんは地震保険は安いと言ってました!

しかし、一般的には高いと認識されているので、最後の質問のときに「私は高いと思うけど、なぜ安いというのか?」と質問がありました‼️

《解答》

地震保険は国の制度のため、各保険会社の利益となる部分がないそうです!!そして、地震による被害と保険料金を比較すると安いという結論に至るそうです🤔

 

うぅぅーー🤭ってなりますよね🙄w

 

個人的な見解ですが、若い世帯ほど加入しておいた方が良いと思います‼️

なぜなら、建物の価値は新築をピークとして、毎年価格落ちしていくからです!

若い世帯=新築=借入金が多い!と考えれば、多少高くても万が一の時に保証があった方が安心できるからです🤔

また、ご高齢な方や築年数が多い住宅の場合には、ローン金額が少なく、住宅の市場価値を国の制度で賄えられる可能性があるので、月々を圧迫するよりも、老後資金として貯蓄した方が堅実なのかって思いました😯

 

自然災害について考える機会って少ないと思いますが、いつか絶対にくると言われています‼️これを機に自然災害の備えを見直したらいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいたきありがとうございます!少しでもたまになったら⭐️や読者登録していただからと嬉しいです!

引き続きよろしくお願いします!