会社員からの脱出💨

会社に依存する生活から脱出したい!!

コロナウイルス抗体ワクチンと若者🌟

巷で話題のコロナウイルス抗体ワクチン‼️

早く普及して欲しい!期待してる人は少なくないはず。ワクチンを打てば、こんな生活とお別れだ、って思いますよね!しかし、専門家(街の中のクリニック)に話を伺うと意外な答えが帰ってきました。

 

既にご存知ではあると思いますが、コロナウイルスは、無症状状態(若者)があるため、人から人に広まりやすいウイルスとなってます。特に慢性疾患を持っている人や、高齢者が感染すると重篤しやすいため、最悪死にいたる病気です💀有名人で言うと、志村けんさんが記憶に新しいですよね。発症発表から僅か4日でお亡くなりになりました。

 

コロナウイルスに感染すると、①味覚がなくなる、②喉の痛み、③咳がでる、④発熱(微熱)、⑤倦怠感、⑥脱毛などが起こるそうです。ちなみに、先輩が感染した際には、喉の痛み・咳・微熱・倦怠感があったそうです。その他色々な症状があるので、怪しい場合には、検査をお勧めします。

 

若者は亡くなるケースは少ないので、感染しても大丈夫なんてことありません。コロナウイルスには、後遺症があり、それが様々。医師に聞くと、完治まで早くて数日、最悪一生治らないそうです。まさにwithコロナですよね。(下記に後遺症についてのNHKさんの画像を貼っときます) 

f:id:nnnagachan:20210409073609j:image

 

日本もついに2月17日からコロナウイルス抗体ワクチンが始まりました!順番としては、医療関係者→高齢者→一般人👨だそうです。では、4月9日時点でどのくらい普及したのだろうか❓(添付資料:https://github.com/owid/covid-19-data/blob/master/public/data/vaccinations/country_data/Japan.csv

f:id:nnnagachan:20210409074446j:image

約2ヶ月で僅か0.3%の普及率、これはオリンピックまでに間に合いませんね。それに、一般人が接種できるようになるには、1年くらいかかりそうですね。

ファイザーのワクチンでは、2回接種後95%のコロナウイルスへの有効性が確認できてます。

 

医師達が懸念している点は、突貫で作られたワクチンの副作用。ニュースでは、アナフィラキシーショックが多いですが、医師が付き添っていれば大丈夫👌なんて報道してますが、実際海外では亡くなってる人も少数います。また、副作用のデータはありません。つまり未知数😢こちらもコロナの後遺症と同様に、数日から一生付き合ってくものとなります。

 

ワクチンに関しては、絶対打つのではなく、良く考えてから打つ必要性があります。クライアント先で、副作用を懸念して、ワクチンを打たないクリニックも複数回ございます。

誰しもそうだと思いますが、後遺症も副作用も困りまるので、ワクチン打たずして、出歩かないことが1番の対策です‼️